• 観る
  • 史跡・石碑
  • 朽木エリア

朽木陣屋跡

朽木陣屋跡

写真のご使用について

関ヶ原の戦い以後、徳川幕府の譜代大名格の待遇を受けた朽木氏が領地内に設けた館舎で、当時は9万3000平方メートルの敷地に本丸・二の丸・三の丸をはじめ、御殿・侍所・剣術道場・馬場・倉庫など戦陣拠点としての諸施設が建っていたといわれています。 残念ながら、明治維新とともにすべての建物が取り壊され、現在は、堀・土居・石垣の一部と2ヵ所の井戸がわずかに残っているだけです。しかし、近年になって、植物・樹木が植えられ、わら葺きの民家が移築されて史跡公園となっています。

所在地
滋賀県高島市朽木野尻478
お問い合わせ
朽木資料館 TEL:0740-38-2339
アクセス
JR安曇川駅から朽木線バスで「朽木グランド前」下車、徒歩約2分