今津を楽しむ
AREA GUIDE

今津を楽しむ

「琵琶湖周航の歌」誕生のまち 今津INTRODUCRION

"われ~は う~みの~子♪"で知られる「琵琶湖周航の歌」が誕生したのが今津町です。
琵琶湖の叙情的な周航の歌を歌いあげ、多くの方に愛唱されるこの歌は、大正6年に旧制第三高等学校(現京都大学)水上部に所属していた小口太郎が、琵琶湖周航2日目、今津の宿で作詞を披露したところ、仲間が当時流行っていた「ひつじぐさ」の曲にのせて歌ったのが始まりです。「琵琶湖周航の歌資料館」では、作詞者・小口太郎や作曲者・吉田千秋(原曲ひつじぐさの作曲者)をはじめ、歌にまつわる資料を展示しています。

  • 今津港

    西国三十三か所第30番札所・竹生島宝厳寺への玄関口として賑わっています。竹生島行きの定期観光船が運航し、往復航路と、対岸長浜港までの横断航路があります。

    今津港
  • エドヒガン桜

    今津町内には、野生の桜エドヒガンが平野部で約130本あり、例年4月初旬頃に見事な花を咲かせます。長寿の桜として知られ大木が多く、特に酒波寺(さなみでら)のエドヒガンは"行基桜"と呼ばれ、親しまれています。

    エドヒガン桜
  • カキツバタ群生地

    琵琶湖を望むオートキャンプ場・ビラデスト今津の近くにある平池では、初夏になると水面を紫色で被い尽くすほどのカキツバタが咲き始めます。毎年6月の見頃には多くのカメラマンを魅了します。

    カキツバタ群生地
  • ザゼンソウ群生地

    湖西に春の訪れを告げるザゼンソウの花。国内南限の自生地として知られる今津町内の群生地は、滋賀県の緑地環境保全地域に指定されています。

    ザゼンソウ群生地

モデルコースMODEL COURSE

今津の観光スポットを楽しくまわるコースをご案内します。
下記の所要時間は「徒歩」です。

バスや便利なレンタサイクルもご利用ください。

ピックアップPICK UP

箱館山スキー場・びわこ箱館山ゆり園

豊富な雪量と雪質の良さに定評があり、変化に富むゲレンデは初級者から上級者まで存分に楽しめます。人工造雪機により12月から滑走可。夏は関西最大級のゆり園がオープン。秋はコキアパークとして開園。駐車場から8人乗りゴンドラで一気に山頂へ!

  • 箱館山スキー場・びわこ箱館山ゆり園01
  • 箱館山スキー場・びわこ箱館山ゆり園02
  • 箱館山スキー場・びわこ箱館山ゆり園03