• 観る
  • 史跡・石碑
  • 高島エリア

鴨稲荷山古墳

鴨稲荷山古墳 鴨稲荷山古墳

写真のご使用について

鴨川右岸に広がる沖積地に位置する古墳です。古墳時代後期のもので、湖西地方では平野部に立地する唯一の前方後円墳です。 現在は前方部の墳丘がありませんが、周辺の地形などから、全長45m・後円部の直径25m・高さ5mほどの周濠をめぐらせた前方後円墳であったと考えられています。 明治時代に、後円部から横穴式石室と刳抜(くりぬ)き式家形(いえかた)石棺が掘り出されました。また、石棺内から、金銅冠(こんどうかん)・沓(くつ)・魚佩(ぎょはい)・金製耳飾・鏡・玉類・環頭大刀(かんとうたち)・鹿装大刀(ろくそうたち)・刀子(とうす)・鉄斧(てっぷ)などの象豪華絢爛な副葬品が発見されました。のちに、これらの副葬品は、朝鮮半島の新羅王陵の出土品とよく似ていることがわかり、この古墳の被葬者や場所と大陸との交流関連について、様々な興味と話題を呼んでいます。

所在地
滋賀県高島市鴨
お問い合わせ
高島歴史民俗資料館
TEL:0740-36-1553
FAX:0740-36-1554
アクセス
JR安曇川駅から高島・安曇川線バスで「宿鴨」下車、徒歩約5分