秋季特別展 ≪大溝藩と分部氏ー城下町の400年ー≫

イベント 安曇川エリア
秋季特別展 ≪大溝藩と分部氏ー城下町の400年ー≫
  • 開催日2018年11月03日(土)~2018年11月25日(日)
  • 開催時間藤樹の里文化芸術会館 9:00~16:30(月曜休館)
  • 開催場所藤樹の里文化芸術会館 展示室1
  • アクセスJR安曇川駅から徒歩約20分
  • お問い合わせ先高島歴史民俗資料館 TEL:0740-36-1553(月曜・火曜休館)
    高島市教育委員会文化財課 TEL:0740-32-4467

「大溝藩と分部氏―城下町の400年―」と題し、江戸の初めから明治の初めにかけて市南部を治めた大溝藩とその城下の暮らしについての資料を展示する特別展を開催します。大溝藩は、元和5(1619)年に現在の三重県津市にあった伊勢上野城の城主分部光信が市南部の大溝に入ったことが始まりです。これより前には、織田信長の甥信澄が明智光秀の設計をもとに大溝城を築城し城下の町割を始めていました。のち、大溝は分部家の大溝藩政のもと城下町は拡大し、町衆の力もあり大溝祭など賑わいを見せていきます。この特別展では、その大溝の歴史や文化を知ることのできる資料を紹介していきます。ぜひ、ご来場ください。(入場無料)

また、特別展最終日(11月25日)には関連講演会を開催します。
※講演会の参加には事前予約・資料代200円が必要です。

詳しくは、秋季特別展・関連講演会チラシ をご覧ください。