トップページ > 中央分水嶺・高島トレイル

中央分水嶺・高島トレイル

高島トレイルの地図(クリックで拡大します)

マキノの愛発越(あらちごえ)から今津の山を経て、朽木の三国岳へ至る約80kmに及ぶ道は、水と緑、人のいきかう日本列島の日本海側と太平洋側を区切る中央分水嶺の中央部にあり、東西南北の気候や植生を合わせ持つ類い稀なエリアです。
トレイルを歩けば、あちこちから望むことができる琵琶湖と若狭湾は、このトレイルが中央分水嶺であることを教えてくれます。この高島トレイルは、藪に埋もれていた古道やかつて使われていた山道を活かしたもので、各地で地元の人がこつこつと整備してきた登山道を5町1村の合併とともにつなぎあわせて誕生しました。

      高島トレイル公式サイトはこちら。
  trail-banner.png      

◎高島トレイルのイベント情報は高島トレイル公式サイトでご確認ください。 

 icon-hana.png

 

パンフレット / マップのご案内

t-trail.jpg
■ 中央分水嶺・高島トレイル 概要 (無料)

パンフレットのダウンロード
※パンフレットの閲覧には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてご覧ください。
 
 
 
 

 

 

 

20160518161551297_0001.jpg ■ 中央分水嶺・高島トレイル トレッキングマップ
 
  1部 1,000円(ネットショップは1,080円)
  縮尺2万5千分の1
  雨に強いユポ紙使用
 
お問い合せ:NPO法人高島トレイルクラブ(0740-22-6959)
ご注文は、こちらへ (ネットショップ)
 
この地図は、国土地理院の承認を得て、同院発行の25千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平25近複、第25号) NPO法人高島トレイルクラブ発行
 

 

 

 

トップページ > 中央分水嶺・高島トレイル
▲このページの上へ戻る