観光スポット情報

カテゴリー:自然 の観光スポット情報

42件ヒットしました。

森林公園くつきの森

朽木エリア 地図あり

森林公園くつきの森は、高島市朽木麻生(あそう)の標高約200mから400mに位置する約150haの森林で、かつてのホトラ山や針葉樹の人工林が大部分を占める自然豊かな森を形成しています。1979年「朽木...

JR安曇川駅より朽木行きバスで約30分「朽木支所前」下車~乗り換え~市営バス横谷・木地山線で約10分「上野口」下車

冬になると、カモ類をはじめとする数多くの水鳥が観察できる高島市の湖辺。水鳥観察センターでは、碧く美しい琵琶湖の風景の中で、泳いだり飛んだりする水鳥の様子が見られます。水上に倒立して水草を食べるオナガガ...

JR新旭駅より西循環線バスで約10分「水鳥観察センター前」下車、またはJR近江今津駅より徒歩約25分

乙女ヶ池

高島エリア 地図あり

万葉の時代、「香取の海」と呼ばれた乙女ヶ池一帯は、山の麓まで琵琶湖の入り江になっていました。その後は、大溝城の外掘で、恵美押勝が挙兵に失敗し、高島郡三尾崎で捕らえられ、「勝野の鬼江」で斬罪されたと伝え...

JR近江高島駅より徒歩約5分

箱館山を越えた谷あいの平池では、毎年6月上旬にカキツバタが淡紫色の花を咲かせてくれます。1万本とも言われるカキツバタの濃い紫色が、雨に濡れた山々の緑と鮮やかなコントラストを描き出しています。ビラデスト...

JR近江今津駅より車で約30分、ビラデスト今津から平池までは約800m
※ビラデスト今津の駐車場をご利用ください。
(環境整備協力金として小学生以上お一人300円が必要)

マキノ高原千本桜

マキノエリア 地図あり

マキノ高原には八重桜・大島桜・ソメイヨシノ計約1000本が、高原上部一帯に昭和58年度に植えられました。種類毎に開花時期がずれるので、長期間にわたりお花見を楽しむことが出来ます。お花見の後はマキノ高原...

JRマキノ駅よりタウンバスで約12分「マキノ高原温泉さらさ」下車すぐ

カタクリの花

マキノエリア 地図なし

里山に春の訪れを告げる花として知られるカタクリの花。かつては、田んぼ道や道端に咲いていたこの花も、今ではその姿を見ることが難しくなっています。マキノの豊かな自然の中で、守られてきたカタクリの群生地。こ...

エドヒガンは長寿の桜で、今津町内では平成14年春に「いまづ自然観察クラブ」が分布調査をし、平野部で樹齢が10年から400年ほどの樹135本を確認しました。中でも、奈良時代の創立を伝える酒波寺(さなみで...

JR近江今津駅より総合運動公園行きバスで約20分「酒波」下車、徒歩約5分

そば畑

今津エリア 地図あり

箱館(はこだて)山麓では、毎年9月下旬から10月上旬にかけて、真っ白なじゅうたんを広げたような白そばの花が、また年によっては淡いピンク色の赤そばの花が咲き、今津の秋を演出しています。このそばの花がやが...

生杉ブナ原生林

朽木エリア 地図あり

朽木・葛川県立自然公園区域にあり、朽木の北西部、三国峠(みくにとうげ)の中腹に位置します。ブナの木は山の豊かさのバロメーターであるともいいます。昔、滋賀県では海抜600~700m以上の冷涼な気候の山地...

JR安曇川駅より朽木行きバスで約30分「朽木支所前」下車~乗り換え~市営バス針畑線で約50分「生杉」下車、徒歩約60分、またはJR安曇川駅から車で約90分

ノウルシ群生地

新旭エリア 地図あり

びわ湖畔のヨシ原が新芽を出し始める新緑の季節、黄色の花を咲かせる「ノウルシ」。エコツーリズムモデル地区の高島市の湖畔では、4月下旬から5月にかけて琵琶湖の風景に溶け込む群生地が広がります。フォトツアー...

JR新旭駅より風車村線予約乗合タクシーで約35分「針江・大久保」下車、徒歩約10分
【問い合わせ・予約先】大津第一交通 0120-524-447

42件ヒットしました。